建築系資格取得最前線

管工事施工管理技士



配管工事、設備工事など様々な範囲で管工事は行われています。需要も高くこの資格を利用して開業する人も多いです。建設現場になくてはならない技術者なので人気も高いです。


難易度 ★★★
受験資格 2級:
指定学科卒業、大卒後1年以上の実務経験者、短大・高専卒業後2年以上の実務経験者、高卒後3年以上の実務経験者。
指定学科以外卒業、大卒後1年6ヶ月以上の実務経験者、短大・高専卒業後3年以上の実務経験者、高卒後4年6ヶ月以上の実務経験者。
8年以上の実務経験者。
「配管」の合格者で4年以上の実務経験者
1級:
指定学科卒業、大卒後3年以上の実務経験者、短大・高専卒業後5年以上の実務経験者、高卒後10年以上の実務経験者。
指定学科以外卒業、大卒後4年6ヶ月以上の実務経験者、短大・高専卒業後7年6ヶ月以上の実務経験者、高卒後11年6ヶ月以上の実務経験者。
2級合格後5年以上の実務経験者。
2級合格後1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験者。
「1級配管」の合格者で10年以上の実務経験者
受験料 8,500円
試験日 11月
1級:9月(学科)、12月(実地)
試験 学科:機械工学、施工管理法、法規
実地
申込期間 4,5月頃
試験場所 都市部
こんな人にお勧め 建設現場に従事する人
国家資格 国家資格


試験内容
学科試験
機械工学等
1 .管工事の施工に必要な機械工学、衛生工学、電気工学及び建築
学に関する一般的な知識を有すること。
2 .冷暖房、空気調和、給排水、衛生等の設備に関する一般的な知
識を有すること。
3.設計図書に関する一般的な知識を有すること。
施工管理法 管工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理
等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。
法規 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること。

主催
(財)全国建設研修センター




管工事施工管理技士取得に役立つサイト
  タイトルゲッター


この資格に関してのご意見・アドバイスをお寄せください
資格に関してのご意見
【資格合格者の勉強法】
建築系
建築系資格
一級建築士国家資格
二級建築士国家資格
木造建築士国家資格
構造設計一級建築士国家資格
設備設計一級建築士国家資格
建築施工管理技士国家資格
建築図面製作技能士国家資格
土木施工管理技士国家資格
ビル経営管理士国家資格
不動産鑑定士国家資格
建築設備士
建築業経理士
コンクリート技士
CAD実務キャリア認定制度
CADトレース技能審査
建築CAD検定試験
測量士国家資格
宅地建物取引主任者国家資格
マンション管理士国家資格
管理業務主任者国家資格
土地家屋調査士国家資格
玉掛技能講習国家資格
管工事施工管理技士国家資格
建設機械施工技士国家資格
環境計量士国家資格
Autodeskマスター試験
3次元CAD利用技術者試験
ダッソー・システムズCATIA
マンションリフォームマネージャー
マンション維持修繕技術者
REセールスパーソンライセンス
※このデータは2007/10月現在のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください



資格取得最前線



ブログパーツアクセスランキング