コンピューター系資格取得最前線

会計ソフト実務能力試験



会計ソフトに関する正しい知識と実務能力を社団法人コンピュータソフトウェア協会が認定する試験制度です。本試験は、パーソナルコンピュータを利用して会計ソフト利用者の社会的地位の確立と、会計ソフトの健全な普及と発展を目指し、実施されております。


難易度 ★★難易度
受験資格 特になし
ただし1級は
(1)2級または平成11年度以前の第2種資格取得者
(2)日本商工会議所簿記検定資格2級以上取得者
受験料
1級 9,000円
12,000円(PC貸与)
2級 5,000円
試験日 2月、9月
試験 1級
実技30問 記述式120分
13:00〜15:00
2級
筆記60問 マークシート方式60分
11:00〜12:00
試験場所 主要都市
こんな人にお勧め 財務関係でパソコンを使う人
民間資格 民間資格

試験科目
<1級>
財務会計ソフト操作
(会社データ作成、導入処理、日常処理、月次処理、決算処理、年度更新処理、集計・分析その他)
<2級>
●企業実務の知識
簿記の基礎、取引と仕訳、帳簿組織と伝票制度、期中取引、試算表の作成、決算の処理、財務諸表・実務経理の一般知識、企業会計の知識、税金の知識とその処理、時事問題(新税制・法改正など:新聞・雑誌などで取り上げられている常識問題として出題)※1
●財務会計ソフトの知識
業務ソフトウェアとその種類、会計ソフトの役割、業務ソフトウェアと会計ソフトの位置付け、コンピュータによる会計作業と手作業の違い、会計ソフトの特徴とメリット、会計ソフトの基本機能、会計ソフト導入(環境整備)までのプロセス、会計ソフトの広がり、情報セキュリティと知的財産、会計ソフトで仕訳データを入力、会計ソフトで仕訳データを集計

合格基準
60%以上の正解率(1級)
70%以上の正解率(2級)

主催
(社)コンピュータソフトウェア協会




会計ソフト実務能力試験取得に役立つサイト


会計ソフト実務能力試験に関してのご意見・アドバイスをお寄せください
資格に関してのご意見
【資格合格者の勉強法】

コンピュータ系資格
応用情報技術者試験国家資格
基本情報技術者国家資格
エンベデッドシステムスペシャリスト試験国家資格
ITストラテジスト試験国家資格
システムアーキテクト試験国家資格
システム監査技術者国家資格
Accessビジネスデータベース技能認定試験
Excel表計算処理技能認定試験
Word文書処理技能認定試験
PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
Javaプログラミング能力認定試験
COBOLプログラミング能力認定試験
C言語プログラミング能力認定試験
情報処理技術者能力検定試験
VisualBasicプログラミング能力認定試験
パソコン検定(P検)
会計ソフト実務能力試験
CAD利用技術者試験
J検
コンピュータサービス技能評価試験
A+
Server+
Linux+
Network+
UBA能力検定
マイクロソフト認定トレーナー(MCT)
ネットエキスパート
Turbo-CE/Pro/CI
CIW
RHCE(Red Hat認定エンジニア
ITサービスマネージャ試験国家資格
ITパスポート試験国家資格
ネットワークスペシャリスト試験国家資格
プロジェクトマネージャ国家資格
情報せキュリティスペシャリスト試験国家資格
データベーススペシャリスト試験国家資格
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
アプリケーションスペシャリスト(MCAS)
VBAエキスパート
IC3
ワードプロセッサ技能認定試験
パソコン技能検定U種試験
日商PC検定試験
EC(電子商取引)実践能力検定
OracleApplication認定コンサルタント
ORACLEMASTERオラクルマスター
マイクロソフト認定資格プログラム
Linux技術者認定試験
情報セキュリティ検定試験
UMLモデリング技能認定試験
ディジタル技術検定
SunJava認定資格
CGエンジニア検定
画像処理エンジニア検定
シスコ技術者認定
インターネット検定
Solarisセキュリティ管理者
PostgreSQL CE
情報ネットワーク施工プロフェッショナル(INIP)
Zend PHP 5 Certification
※このデータは2007/10月現在のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください



資格取得最前線



ブログパーツアクセスランキング