財務系資格取得最前線

セールスレップ資格認定制度



メーカーと販売先を結ぶ橋渡し役として「販売のコーディネータ」の役割を担うと人材として注目され、近年その数が急速に拡大している。 特に、中小企業やベンチャー企業など、販売員を社員として雇用、教育することが難しい中小企業では、「独立事業者のセールスレップ」は、販売機会拡大の販売推進役として期待されている。


難易度
受験資格 特になし
1級は実務経験が必要
受験料 10,500円(1級)
8,400円(2,3級)
試験日 年2回(6月、11月)
試験 筆記試験(組合会計、組合制度、組合運営)
試験場所 札幌、秋田、仙台、東京、名古屋
大阪、広島、福岡、沖縄
こんな人にお勧め 中小企業の組合役員
民間資格 民間資格


試験科目
【1級】
T.製品取り扱いの実践
U.セールスレップの実践
V.プレゼンテーションの実践
W.関連法規のポイント
X.生産と品質に関する基礎知識
Y.マネジメントの応用
【2級】
T.製品取り扱いの応用
U.セールスレップ・マーケティングの応用知識
V.セールスレップの実践営業と営業の応用知識
W.セールスレップマネジメントの基礎
X.知的財産権概説
Y.セールスレップと契約
Z.情報システムの基礎
【3級】
T.セールスレップの基礎 
U.セールスレップ・マーケティングの基礎 
V.セールスレップ・販売活動の基本業務
W.セールスレップ・営業の基礎 
X.製品取り扱いの基礎 
Y.セールスレップ基本数値演習 
Z.日本型セールスレップの知識

合格基準
全科目の合計点が満点の60%以上、40%未満の科目がないこと、以上2つの条件を満たした場合、学科試験合格といたします。(1級)
全科目の合計点が満点の60%以上、40%未満の科目がないこと、以上2つの条件を満たした場合、科目試験合格といたします。(2級)
全科目の合計点が60%以上の場合、合格といたします。(3級)

主催
日本セールスレップ協会




セールスレップ資格認定制度に役立つサイト


この資格に関してのご意見・アドバイスをお寄せください
資格に関してのご意見
【資格合格者の勉強法】
財務・経理系
財務系資格
公認会計士国家資格
税理士国家資格
簿記検定
簿記能力検定
証券アナリスト
ファイナンシャル・プランナー
経営士
建設業経理検定
実用数学技能検定
マーケティング・ビジネス実務検定
DCアドバイザー
DCプランナー
CISM(公認情報セキュリティマネージャー)
CIRP(サーティファイド・IRプランナー)
シニアリスクコンサルタント
ITコーディネータ資格認定制度
ファイナンシャル・リスクマネージャ
アクチュアリー資格試験
ファシリティマネージャー
PRプランナー資格認定制度
プロジェクトマネジメント資格
販売士検定
中小企業診断士国家資格
ファイナンシャル・プランニング技能士国家資格
銀行業務検定試験
モーゲージプランナー
不動産証券化協会認定マスター
MBA
BATIC(国際会計検定)
CPA(米国公認会計士)
米国公認管理会計士
米国税理士(EA)
PMP試験
CISA(公認情報システム監査人)
二種外務員資格試験
CIA(公認内部監査人)
CFA(CFA協会認定証券アナリスト)
ホスピタリティ検定試験
イベント業務管理者
セールススキル検定試験
セールスレップ資格認定制度
販路コーディネータ資格認定制度
交渉アナリスト

VEリーダー認定試験
※このデータは2007/10月現在のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください



資格取得最前線



ブログパーツアクセスランキング